FAQ

rekordboxのよくあるお問い合わせをご覧いただけます。

トラブルシューティング

  • Cloud Library Syncを使用しているとrekordboxの動作が遅く(重く)感じられます。

    Cloud Library Syncで多くのデータを同期しているとお客様のコンピューターやネットワーク環境によってはrekordboxの動作が遅く(重く)なる可能性があります。
    そのような場合は、同期を一時停止することによって改善することがあります。

    - 同期を一時停止する

    Windowsではシステムトレイ、Macではメニューバーに表示されるCloud Library Syncのアイコンを右クリックして「同期を一時停止する」を選択してください。

    同期を停止してからrekordboxで行ったライブラリの変更内容は、同期を再開するまで他のデバイスのrekordboxに同期されません。

    - 同期を再開する

    Windowsではシステムトレイ、Macではメニューバーに表示されるCloud Library Syncのアイコンを右クリックして「同期を開始する」を選択してください。

    また、WindowsやMacを再起動した場合は必ず同期の一時停止状態は解除され、同期が再開されます。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q600144

  • [環境設定] > [波形] > [色]で[3Band]を選択すると、[全体波形/プレビュー波形]の選択肢がグレーアウトされて[全波]が選択できません。

    [3Band]を選んだ場合の[全体波形/プレビュー波形]は[半波]に固定されます。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-16403

  • 意図しないタイミングでライブラリの変換を促すダイアログが表示されます。

    rekordbox ver. 6の初回起動時以外で起動時にライブラリの変換を促すダイアログが表示される場合があります。

    この場合は必ず[終了]を選択し、rekordboxを終了してください。

    [変換]や[空のライブラリ]を選択すると、ご自身のライブラリが復元できなくなる可能性があります。

    rekordbox起動後、毎回ライブラリの変換を促すダイアログが表示される場合や、ご自身のライブラリが消えてしまった場合は、こちらよりお問い合わせをお願いします。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q600142

  • Lyric機能が使えません。

    以下のようなケースが考えられます。

    • 曲の途中から歌詞が ***になる場合

    Lyric機能をフルに利用するためにはCreative Planの契約が必要です。

    • 「Cannot create DirectX/OpenGL interop」が表示される場合や画面が黒表示となる場合

    ご使用の環境がrekordbox動作環境を満たしていない可能性があります。

    動作環境をご覧ください。

    またグラフィックドライバを最新バージョンに更新してください。

    更新後も状態が改善しない場合、あいにくご使用の環境ではLyricをご使用いただくことができません。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-14807

  • DJ機器に付属しているライセンスキーを入力する場所がわかりません。

    DJ機器に付属している「rekordbox dj ライセンスキーカード」に記載されているライセンスキーはrekordbox ver. 5 でrekordbox dj (PERFORMANCEモード)をアクティベートするために使用します。

    rekordbox ver. 6.0以降では、DJ機器をPC/Macに接続するだけでPERFORMANCEモードの機能をご利用いただけますので、付属のライセンスキーを入力する必要はありません。この仕組みをHardware Unlockと呼びます。

    Hardware Unlockに関する詳細はこちらのFAQ をご覧ください。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q600140

  • rekordbox ver. 6の起動後、”Communication with rekordboxAgent failed.”と表示されます。

    rekordbox ver.6は同一のコンピューター上で起動しているrekordboxAgentアプリケーションと通信を行います。

    このアプリケーション間の通信が、アンチウィルスソフトやVPNソフトの影響で正常に動作しない場合があります。

    一時的に、お使いのアンチウィルスソフトやVPNソフトを無効にすることで、症状が解消されるかご確認ください。

    アンチウィルスソフトに特定のアプリケーションの通信をファイアウォールの対象から除外する機能がある場合は、rekordboxとrekordboxAgentを除外するように設定してください。

    VPNソフトに特定のアプリケーションの通信のみVPNをバイパスする機能がある場合、rekordboxとrekordboxAgentの通信をバイパスするように設定してください。

    詳しい設定方法などはお使いのアンチウイルスソフト、VPNソフトの開発メーカーにお問い合わせください。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q600139

  • 楽曲を解析する時に[Vocal]がグレーアウトされ、選択できません

    以下のようなケースが考えられます。

    • FreeプランまたはCoreプランで使用している

    ボーカル位置解析を利用するためにはCreativeプランの契約が必要です。

    それぞれのプランで有効になる機能についてはこちらをご覧ください。

    • お使いのコンピューターが動作環境要件を満足しない

    ボーカル位置解析を利用するためにはAVX(CPU拡張命令セット)に対応しているCPUが必要です。

    お使いのコンピューターのCPUがAVXに対応しているかは、コンピューターメーカーにお問い合わせください。

    rekordboxの動作環境はこちらをご覧ください。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q600138

  • ver. 6にアップデートしましたが、SYNC MANAGER(同期マネージャー)で同期設定していたプレイリストがデバイスから消えてしまいました。

    SYNC MANAGER(同期マネージャー)でプレイリストをデバイスと同期設定している場合、ver. 6にアップデートすると同期設定がリセットされます。

    アップデート後に再度SYNC MANAGERでプレイリストをデバイスと同期設定することで、従来通りご利用いただけるようになります。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q600058

  • ver. 5のrekordboxにてエクスポートしたiTunesプレイリストの楽曲データ(キュー、拍位置や評価)をDJプレーヤーで編集しています。ver. 6のrekordboxにて、編集された楽曲データをコレクションに戻すため[コレクションを更新する]ことはできますか?

    ver. 5とver. 6を跨いでの[コレクションを更新する]操作は出来ません (iTunesプレイリスト)。

    一度ver. 5のrekordboxにて[コレクションを更新する]操作を実行した上でver.6をお使いください。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q600057

  • EXPORTモードで録音できません。

    EXPORTモードでは外部機器からの入力音声のみ録音が可能です。(アプリ内のMaster Outを録音される場合は、PERFORMANCEモードの録音機能をお使いください。)

    以下をご確認ください。

    • rekordboxのバージョンは4.2.1以降ですか?
    • 外部機器とコンピュータがUSBケーブルで接続されていますか?
    • [環境設定] > [オーディオ] > [オーディオ]に外部機器が設定されていますか?
    • [環境設定] > [オーディオ] > [入力チャンネル] > [Input Record]に外部機器のCHが正しく選択されていますか?

    外部機器としてDJMをお使いの場合は、[設定ユーティリティ]ボタンをクリックすると設定ユーティリティ画面が起動します。[MIXER OUTPUT]タブを選択して、各CHの出力内容をご確認ください。

    • 録音の音量がゼロになっていませんか?
    • レベルメータを確認しながら音量調整ツマミを回して調整してください。
    • 録音ファイルの保存先容量が足りていますか?
    • 録音ファイルの保存先が正しく設定されていますか?

    [環境設定] > [詳細] > [録音] > [録音] > [ファイルの保存先]をご確認ください。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q500323

  • PERFORMANCEモードで録音できません。

    PERFORMANCEモードではアプリ内のMaster OutまたはPioneer DJ機器の入力音声を録音可能です。(Pioneer DJ以外の機器からの入力音声を録音される場合は、EXPORTモードの録音機能をお使いください。)

    以下をご確認ください。

    • 機器を接続していない、またはPioneer DJ以外の機器を接続して使用している場合

    以下の2か所の設定をご確認ください。

    [環境設定] > [オーディオ] > [オーディオ]にコンピューター内蔵のスピーカーが設定されていますか?

    [環境設定] > [オーディオ] > [ミキサーモード]が"インターナル"に設定されていますか?

    • Pioneer DJ機器を接続して使用している場合
      • [環境設定] > [オーディオ] > [入力チャンネル] > [Input Record]にPioneer DJ機器のCHが正しく選択されていますか?

    外部機器としてDJM、またはDDJ-SZ、RZ、 RZXをお使いの場合は、[設定ユーティリティ]ボタンをクリックすると設定ユーティリティ画面が起動します。[MIXER OUTPUT]タブを選択して、各CHの出力内容をご確認ください。

      • 録音の音量がゼロになっていませんか?

    レベルメータを確認しながら音量調整ツマミを回して調整してください。

      • 録音ファイルの保存先容量が足りていますか?
      • 録音ファイルの保存先が正しく設定されていますか?

    [環境設定] > [コントローラー] > [録音] > [録音] > [ファイルの保存先]をご確認ください。

    322

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q500322

  • 録音したファイルを再生すると音が歪みます。

    録音の音量レベルが高すぎる可能性があります。

    録音用の音量調整ノブを回し、レベルメーターが上限(赤色)に達しないレベルに調整して再度録音してください。

    321

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q500321

  • 録音ファイルの自動分割がうまくいきません。

    以下の手順で自動分割の設定を調整してください。

    1. はじめにRECパネルで録音の音量レベルを調整してください。
      録音用の音量調整ツマミを回し、レベルメーターが上限(赤色)に達しないレベルに調整してください。
    2. 以下の環境設定を調整してください。
      • Exportモードの場合

    [環境設定] > [詳細] > [録音] > [録音]

      • Performanceモードの場合

    [環境設定] > [コントローラー] > [録音] > [録音]

      • ファイル分割がされない場合:

    [無音と判定する閾値]:

    スライダーを右に動かして閾値を大きくしてください。

    [無音の継続時間]:

    プルダウンメニューを開き、無音の継続時間を短くしてください。

      • ファイル分割が必要以上にされてしまう場合:

    [無音と判定する閾値]:

    スライダーを左に動かして閾値を小さくしてください。

    [無音の継続時間]:

    プルダウンメニューを開き、無音の継続時間を長くしてください。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q500320

  • 録音ファイルをiTunesにインポートしたところ、録音時に入力したタグ情報がiTunesに反映されません。

    録音時に入力されたアーティスト、アルバム、トラックタイトル情報は録音したファイルとrekordboxのライブラリに書きこまれます。iTunesのライブラリへの書き込みは行っていません。

    319

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q500319

  • コンピュータとCDJ/XDJをLANケーブルで接続してもrekordboxの[LINK]ボタンが表示されません。

    PRO DJ LINKは[EXPORT]モード時に動作します。([PERFORMANCE]モード時は動作しません。)

    1. コンピュータのファイアウォールやアンチウィルスソフトによりrekordboxのモジュールがブロックされている可能性があります。次の4つのプログラムの設定をチェックし、ブロックされていないか確認してください。
      • rekordbox program file
      • ProDJ Link System Manager
      • ProDJ Link NFS Server
      • edb_streamd

      "ファイアウォール確認方法"

    2. コンピュータが複数のネットワークを持っている場合(有線LANと無線など)ネットワークが競合しPRO DJ LINKが正しく動作しない場合があります。その場合、PRO DJ LINKで使用していないネットワークを無効にするか、正しく優先度を設定することで解決できます。
    3. rekordboxがPRO DJ LINKで使用するポートを他のアプリケーション(NFSサーバなど)が使っているためPRO DJ LINKが正しく動作しない可能性があります。その場合、他のアプリケーションもしくはサービスを終了させてからご使用ください。
    4. インターネット共有を有効にしているとPRO DJ LINKが正しく動作しない場合があります。インターネット共有は無効にしてください。
    5. PRO DJ LINKネットワーク内にルータが接続されている場合、接続されている機器の電源を入れる順番によって正しくネットワークが確立されない場合があります。まずルータの電源を入れてから機器を接続するか、ルータを取り外してください。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q500302

  • iTunesのライブラリが表示されません

    iTunes12.2以降ではiTunesライブラリが作成されない場合があります。

    iTunesメニューの[編集] > [設定] > [詳細]タブにある「iTunesライブラリXMLをほかのアプリケーションと共有」を有効にしてください。(Mac: [iTunes] > [環境設定])

    その後iTunesとrekordboxはいったん終了し再起動してからご使用ください。

    また、iTunes12.2以降でプレイリストフォルダが正しく表示されない場合はrekordboxをVer.3.2.2以降にアップデートしてください。

    iTunesのライブラリが正しく指定できていない可能性があります。[環境設定] > [詳細] > [データベース]で正しいiTunesライブラリのxmlファイルを指定してください。

    rekordboxの設定ファイルを別のコンピュータから移動した場合、iTunesライブラリがiTunesMusicLibrary.xmlから iTunesLibrary.xml に変更されていることがあります。

    その場合は、上記設定を iTunesLibrary.xml に変更してください。

    https://rekordbox.com/ja/support/faq/trouble-shooting-6/#faq-q325