お知らせ

info クラウド時代の新しいDJライフスタイルを提案する DJアプリケーション rekordbox のメジャーアップデート

AlphaTheta株式会社(以下、当社)は、DJ アプリケーション『rekordbox』のメジャーアップデート、rekordbox for Mac/Windows (ver. 6.0)とrekordbox for iOS (ver. 3.0) の配信を4月14日に開始しました。本アップデートにより、rekordboxは楽曲管理だけでなくDJの音楽活動を包括的にサポートするプラットフォームへと進化を遂げ、DJのライフスタイルをシームレスでより創造的なものへと変化していきます。

今回の新しいrekordboxでは、FreeプランでもPC/Mac単体でPERFORMANCEモードの機能をご使用いただけるようになりました。さらに、過去に無料体験をご利用したことがある方を含めたすべての方が、30日間の無料体験をお試しいただけます。(プラン詳細に関しては、後述の“サービス形態について”をご確認ください。)
現在、世界中で音楽業界が不安を抱える厳しい状況下ではありますが、新しいrekordboxを通じて、皆さまの音楽創作活動に貢献していきます。

近年、音楽のリスニング環境はスマートフォンなどのモバイルデバイスが中心になってきており、DJプレイの準備もモバイルデバイスで行いたいというニーズがますます高まってきています。また、DJが扱う音楽ファイルの保管は、デバイスのHDD/SSDなどのローカルストレージだけでなくクラウドストレージが活用し始められるなど、音楽の利用形態は大きく変化しつつあります。

そのような中、rekordboxではDJプレイ用のライブラリをクラウドストレージに置くことで、複数のPC/Macやスマートフォンからいつでも自身の最新のライブラリにアクセスできるようになりました。これにより、今までデバイスごとに分断されていたライブラリをクラウド上で一元管理することができます。

また、今回プロフェッショナルDJに人気のデジタルプロモーションサービスであるInflyteとの協業が、rekordbox for Mac/Windows において実現しました。Inflyteから提供される未発表楽曲をrekordbox for Mac/Windows から直接ダウンロード/インポートして即座に使用できるため、楽曲の入手から使用までのワークフローが大幅に改善されます。
さらに、DJ向け音楽配信サービスBeatportとレコードプールDJcityが提供する新しいDJ向けストリーミングサービスBeatsource Linkへの対応も、今後のアップデートで予定しています。

サービス形態について
今回のバージョンアップに伴い、従来のライセンス方式を廃止しサブスクリプション方式へ全面的に移行します。これにより、多様化するDJのスタイルに応じてプランを選択し、rekordboxの先進的な機能を手軽にご利用いただけるようになります。少額の月額課金で必要な時だけ利用できることに加え、プラン内に含まれているDVSなどのさまざまな機能群を自由にお試しいただけます。
新たな3つのサブスクリプションプランでご利用いただける機能は以下の通りで、FreeプランでもPC/Mac単体でPERFORMANCEモードの機能を使えるようになりました。

30日間無料体験
30日間無料でCoreプラン、Creativeプランをお試しいただけます。こちらは、以前のバージョンのrekordboxの無料体験をご利用頂いたことがある方を含め、どなたでもご利用いただけます。

2020年7月13日までの特別価格
本日より2020年7月13日までにCoreプラン、Creativeプランをご契約いただくと、以後継続して特別価格でご利用いただけます。期間終了後の再契約の際には、特別価格は適用されません。

各プランの詳細はこちらをご覧ください。

  • ver. 5のライセンスキーでver. 6のrekordbox for Mac/Windows をアクティベートすることはできません。
  • ver. 5までご利用いただいたサブスクリプションプランはver. 6ではご利用頂けません。ver. 5とは別にver. 6のサブスクリプションプランのご契約が必要です。
  • 無料期間中にご契約のプランを変更することはできません。
  • 特定のハードウェアを接続することで、サブスクリプションプランにご契約していなくてもPERFORMANCEモードの機能がご利用いただけます。対象機器やバージョンアップに伴う変更点、詳細に関してはFAQをご確認ください。

rekordbox for Mac/Windows (ver. 6.0)、rekordbox for iOS (ver. 3.0) 共通の特長

  1. 複数のデバイス間でライブラリの一元管理が可能になる「Cloud Library Sync」(Creativeプランで使用可能)
    新しいrekordboxでは、当社独自のサーバーを用いて各デバイス間で別々に管理されていたライブラリを統合できるようになりました。また、お持ちのDropbox※1のアカウントをrekordboxに紐づけることで、ライブラリの楽曲をrekordboxからDropboxにアップロードでき、同一のアカウントの各デバイスから自由にアクセスできます。
    これにより音楽制作用のPC/Macで作成した音楽をDJプレイ用のPC/Macで即座に使用したり、モバイルデバイスでCUEを設定したりプレイリストを作成するなど、各デバイス間でシームレスかつ効率的なライブラリ管理が可能になります。
  2. モバイルデバイスとシームレスな作業が可能となる「Mobile Library Sync」
    PC/Macとモバイルデバイスを同一ネットワークに接続することで、楽曲およびCUEやプレイリストなどの情報を同期することができます。

rekordbox for Mac/Windows (ver. 6.0) の特長

  1. 効率的な楽曲管理を可能にする次世代メディア対応
    • プロモーション楽曲を効率的に使用できる「Inflyte」との協業
      プロフェッショナルDJに人気のデジタルプロモーションサービスInflyteとの協業が実現したことにより、未発表楽曲を入手して使用するまでのワークフローが大幅に改善しました。Inflyteで管理している楽曲をrekordboxから直接ブラウズし、必要な楽曲をダウンロード/インポートすることができます。さらにInflyteの提供するAutomatic Syncを使用すると、Inflyteで管理している楽曲をDropbox経由で自動的にrekordboxのライブラリにインポートできます。
    • さまざまなメディアのコンテンツを一元管理
      PC/Macのローカル、クラウドストレージ、ストリーミングサービス、プロモーションサービスなどさまざまなメディアの楽曲コンテンツを、rekordbox上で効率的に一元管理できます。また、すべての楽曲コンテンツでrekordboxの楽曲解析機能や豊富な楽曲管理機能をDJプレイに活用することができます。
  2. プロフェッショナルDJ向けDJアプリケーションとしての基本機能の進化
    • 3Band 波形
      新開発の3Band波形はサウンドを高域、中域、低域の3つの周波数に色分けして表示します。各周波数帯のサウンドのレベルを個別に確認できるため、一目で楽曲の構成を把握できます。
    • Lightスキン
      白い背景の高コントラストスクリーンにより、フェスティバルなどの昼間の屋外の明るい環境でも良好な視認性を確保でき、快適なブラウズができます。
    • Auto Relocate
      ライブラリに登録されているファイルを移動した場合に生じる‘見つからないファイル’を、指定されたフォルダを検索することで自動的に修正します。
  3. 外部機器と同期して多彩なパフォーマンスを可能にする連携機能
    • Ableton Link
      rekordbox for Mac/Windows のPERFORMANCEモードにおいて、デッキで再生する楽曲のテンポをAbleton Link互換のさまざまなアプリ/ハードウェアと同期して演奏できます。これにより、外部のサンプラーやシーケンサーの同期演奏によるライブパフォーマンスや、VJおよびLJソフトウェアによる音楽と映像照明の同期パフォーマンスなどを行うことができます。

rekordbox for iOS (ver. 3.0) の特長

  1. 準備とクラブでのプレイをより柔軟につなげるCDJ/XDJシリーズとの接続機能
    rekordbox for iOS をPRO DJ LINKに対応しているCDJ/XDJシリーズと接続することで、従来のUSBストレージデバイスやSDカードと同様に、アプリケーション内の楽曲をそのままDJプレイに使用することができます。さらに、Creativeプランではクラウドストレージにアップロードした楽曲もダウンロードできるため、現場にいながら自宅と同様のライブラリでDJプレイの準備を行えるようになります。これにより、プレイの直前まで手軽にプレイリストを確認・編集することができます。
  2. 限られたスクリーンスペースでも快適で効率的なDJ準備を実現するモバイル新機能
    DJがプレイの準備を行う際の思考とワークフローを分析し、デザインと機能を新たに確立しました。新機能は片手での素早い操作が可能なため、スマートフォンの小さく限られた画面スペースでも快適で効率的なDJプレイの準備ができます。

    • Playlist Box
      これまでスマートフォンの小さな画面では同時に複数のプレイリストを把握しながら作業をすることは困難でした。Playlist Boxにより、常に画面の一部に特定のプレイリストを固定表示することで、普段PC/Macで行っているような自然なワークフローでのプレイリスト管理を実現します。
    • Quick Cue・Realtime Memory
      Quick Cueボタンは、タップやフリックによる1アクションで、Memory・Hot Cue・Realtime Memoryの3種類のCUE設定を素早く呼び出すことができます。Realtime Memoryは、現在の再生位置に対して即座にメモリーキューをセットする新機能で、これにより楽曲の再生を止めることのないスムーズな設定を実現します。
    • 独立したA/Bデッキ・Dual Control
      それぞれ独立したA/Bの2つのデッキによって、2曲分のブラウズとCUE/GRID等の設定を同時に行うことができます。それぞれのデッキの1 PLAYERモード、および2 PLAYERモードはフリック操作で簡単に行き来できるので、柔軟かつ効率的な楽曲の相性確認と仕込みを行うことができます。さらに2 PLAYERモードで使用できるDual Control機能によって、両デッキの波形操作やビートジャンプをリンクさせ、2曲間の相性確認を素早くかつ直感的に行うことができます。
    • rekordbox for Mac/Windows のEXPORTモード相当の機能を搭載
      rekordbox for iOSは、rekordbox for Mac/Windows のEXPORTモードが持つほぼすべての基本機能を搭載しています。スマートフォン上でビートジャンプ、マニュアルループ、楽曲情報の編集などが利用でき、MP3、AACだけでなくWAVやAIFF、FLAC、ALACなどの幅広い楽曲フォーマットを扱うことができます。これにより、仕込み・プレイの両面においてMac/Windows版により近い操作感覚で利用できます。
  3. rekordbox for Mac/Windows のEXPORTモード相当の機能を搭載
    rekordbox for iOSは、rekordbox for Mac/Windows のEXPORTモードが持つほぼすべての基本機能を搭載しています。スマートフォン上でビートジャンプ、マニュアルループ、楽曲情報の編集などが利用でき、MP3、AACだけでなくWAVやAIFF、FLAC、ALACなどの幅広い楽曲フォーマットを扱うことができます。これにより、仕込み・プレイの両面においてMac/Windows版により近い操作感覚で利用できます。

※1 別途Dropboxのユーザー登録が必要です。Dropbox Basic無料プランには2GBの容量が含まれています。有料版にアップグレードして容量を増やすことも可能です。(2020年4月14日時点にて)

rekordbox for Mac/Windows のシステム要件

Mac macOS Catalina 10.15 (最新アップデート)
macOS Mojave 10.14 (最新アップデート)
macOS High Sierra 10.13 (最新アップデート)
Windows Windows® 10, 8.1 (64-bit, 最新サービスパック)
CPU Intel® processor Core™ i9, i7, i5, i3
メモリー 4GB 以上の RAM

rekordbox for iOS のシステム要件

iOS iOS 13, 12, 11
対応デバイス iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max, iPhone XR, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone X, iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone SE, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 5s,  iPod touch(第6世代), iPod touch(第7世代)

* 商品の仕様は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。