お知らせ

info CDJ-3000 のファームウェア ver. 2.0で、クラウドストレージを活用した次世代のシームレスなDJワークフローを実現

クラウド上の楽曲を使用したDJプレイを可能にする「rekordbox CloudDirectPlay」に対応

AlphaTheta株式会社は、Pioneer DJより、フラッグシップモデルのマルチプレーヤー「CDJ-3000」のメジャーファームウェアアップデート ver. 2.0を2021年11月30日にリリースしました。新たに搭載された「rekordbox CloudDirectPlay」により、インターネットに接続することでクラウド上に所有している全ての楽曲を使用してDJプレイすることが可能になります。

2020年9月に発売されたCDJ-3000は、DJの創造性とパフォーマンスのさらなる可能性を広げ、オーディエンスに豊かな音楽体験を提供しています。

また、昨今では、いつでもどこでもアクセスできるクラウドの普及が急速に進む中、DJ市場においてもさまざまな楽曲を入手してクラウドから直接DJプレイをするといったニーズが高まっています。

今回のメジャーアップデートでは、CDJ-3000がrekordbox CloudDirectPlayに対応したことにより、rekordbox Creative プランまたはrekordbox Professional プランへ加入することで、USBストレージデバイスの容量を気にすることなく、クラウド上に所有している全ての楽曲を使用してDJプレイすることができるようになります。

CDJ-3000で編集したHOT CUEやMEMORY CUEなどのメタデータは、クラウド上に自動アップロードされることにより、CDJ-3000、rekordbox for Mac/Windows、rekordbox for iOS/Androidから常に最新のライブラリにアクセスでき、スマートなDJワークフローを実現します。

rekordbox CloudDirectPlayをお使いいただくには、事前にrekordboxから認証キーをUSBストレージデバイスにエクスポートする必要があります。そのUSBストレージデバイスを、LANケーブル経由でインターネット接続されたCDJ-3000に接続することでrekordbox CloudDirectPlayを使用することができます。

これにより、USBストレージデバイス内の楽曲に加えて、クラウド上の楽曲を再生することができます。

万が一認証キーをエクスポートしたUSBストレージデバイスを紛失してしまった場合でも、rekordboxから認証キーの無効化ができるので、セキュリティ面でも安心してお使いいただけます。

CDJ-3000 Firmware ver. 2.0 ダウンロードページ