FAQ - Archive - 使用法、ヒント

FAQ検索

rekordbox を Ver2.00以降にバージョンアップすると曲の左側に青い音符マーク(青い三角マーク内に音符)が表示されるようになったのですが、これは何でしょうか?

この音符マークは、CDJ-2000nexusやmobile版のrekordboxで必要な解析データが無いことを表しています。
CDJ-2000nexusとLINK接続をしてこのアイコンが表示されているトラックを再生した場合、CDJ-2000nexusの本体表示部に詳細波形が表示されません。
また、この曲をUSBデバイスやモバイルデバイスにエクスポートする場合、新しい解析データを作成してからエクスポートするため時間がかかります。
そのままお使いいただいても問題ありませんが、上記のような制限がありますので音楽ファイルを右クリックして「新しい解析データの追加」を行っていただくと、上記の制限が解消され青い音符マークが消えます。

別のコンピュータにrekordboxのデータベースや環境を移行できますか?

WindowsからWindows、またはMacからMacへの移行が可能です。
移行を行うには、以下の状態である必要があります。
・ ログインユーザー名が同じであること
・ rekordboxのバージョンが同じであること
※本作業において発生したトラブルに関しまして、当社は責任を負いかねます。ご注意の上作業をお願いいたします。
次に掲げる2つのステップで移行してください。
 
Step 1: rekordboxファイルの移行
移行元のコンピュータの、以下の場所にrekordboxファイルがあります。これらのファイルやフォルダを表示するには、「隠しファイルとフォルダを表示する」設定にしておく必要があります。OSによって方法が異なりますので、各OSのメーカーに問い合わせてください。
 
[Windowsの場合]
1) 下記のフォルダを開きます。
Windows XP:  C:\Documents and Settings\yourusername\Application Data\Pioneer\rekordbox
Windows Vista: C:\Users\yourusername\AppData\Roaming\Pioneer\rekordbox
Windows 7:   C:\Users\yourusername\AppData\Roaming\Pioneer\rekordbox
2) そこに、以下のファイルとフォルダがあることを確認します。
- PIONEER (フォルダ。このフォルダの中にはファイルがあります。)
- datafile.edb
- rekordbox.settings
3) これらのフォルダ(中のファイルごと)とファイルを移行先のコンピュータのrekordboxフォルダにコピーします。
*注意* 環境設定でPIONEERフォルダの場所を変更している場合は、移行先のコンピュータでも同じ場所にコピーしてください。
 
[Mac OSXの場合]
1) 下記のフォルダを開きます。
/Users/yourusername/Library/Pioneer/rekordbox
2) そこに、以下のフォルダとファイルがあることを確認します。
- PIONEER (フォルダ。このフォルダの中にはファイルがあります。)
- datafile.edb
3) これらのフォルダ(中のファイルごと)とファイルを移行先のコンピュータのそれぞれのrekordboxフォルダにコピーします。
*注意* 環境設定でPIONEERフォルダの場所を変更している場合は、移行先のコンピュータでも同じ場所にコピーしてください。
4) 次に、下記のフォルダを開きます。
/Users/yourusername/Library/Preferences/Pioneer/rekordbox
5) そこに、以下のファイルがあることを確認します。
- rekordbox.settings
6) このファイルを移行先のコンピュータのrekordboxフォルダにコピーします。
 
Step 2: 音楽ファイルの移行
音楽ファイルをコピーします。
 
[移行元と移行先で音楽ファイルの保存場所が同じとき]
移行先のコンピュータでrekordboxを起動し、環境設定やコレクション等が引き継がれ、再生ができることを確認します。
 
[移行元と移行先で音楽ファイルの保存場所が異なるとき]
移行先のコンピュータでrekordboxを起動すると、環境設定等が引き継がれますが、コレクション内の音楽ファイルが、見つからない音楽ファイル([!])となります。
[ファイル]メニュー > [見つからないファイルをすべて表示] を選択し、曲を選択して[リロケート]をクリックし、新しい保存場所を指定することで、見つからない音楽ファイルのリロケートを行うことができます。また、ファイルを複数選択してリロケートを行うことで、フォルダ単位の一括リロケートを行うことができます。
*注意* 移行先のコンピュータで、音楽ファイルを他のソフトウェアにもインポートしている場合は、保存場所やフォルダ名を変えると他のソフトウェアで使えなくなる場合がありますのでご注意ください。
*注意* Windows XPからWindows7/Windows Vistaへ移行する場合、音楽ファイルを”マイミュージック”等のOSのシステムフォルダ上に保存をしていると、移行先での環境ではPRO DJ LINK機能が正常に動作しない可能性があります。その場合は以下の作業をお試しください。
1) rekordboxを終了する。
2) 保存している音楽ファイルのフォルダを変更する。
3) rekordobxを起動し、[コレクション] ペインで、(1)の音楽ファイルが”見つからない音楽ファイル”になっていることを確認する
4) 見つからない音楽ファイルをリロケートする

リンクステータス部のDJ機器アイコンを並べ替えることはできますか?

リンクステータス部に表示されているDJ機器のアイコンをドラッグして左右を並べ替えられます。

タグリストとはどのような機能ですか?

プレイリストとは別に、これから演奏する予定の音楽ファイルを rekordboxのタグリストに一時的に集めておけます。rekordboxのタグリストは、コンピュータと LANケーブルで接続された DJ プレーヤー間で共用できます ( 最大 4 台まで )。

rekordbox画面左下の[LINK]ボタンに表示されている数字は何ですか?

複数のコンピュータが接続されたときにrekordboxを識別する番号です。この番号によりDJ機器側からどのrekordboxかを識別することができます。

[デバイス]ペインでデバイスを選択すると表示される[背景色]は何を設定するものですか?

そのUSBデバイスをCDJ-2000でブラウズする時に表示される背景色です。rekordbox上で[背景色]を設定することでCDJ-2000のブラウズ画面の色を変更することができます。
USBデバイス(またはSDカード)ごとに設定が可能ですので、複数のUSBデバイス(またはSDカード)で色を変えておけばCDJ-2000にどのUSBデバイス(またはSDカード)が接続しているかを色で区別することができます。

プリファレンス画面や、[デバイス]ペインでデバイスを選択すると表示される[カラー]の設定はどのような機能ですか?

rekordboxで管理している音楽ファイルを8種類の色にグループ分けすることができます。グループ名も変更することができます。
たとえば、明るい曲を集めて黄色に設定し、コメントを"Happy"にしておけば、rekordboxやCDJ-2000で明るい曲でソートすることが可能となります。あらかじめ用意された項目でソートするだけでなく、ユーザー独自のソートができるようになります。
※ この設定はrekordboxやCDJ-2000での表示色を変更する機能ではありません。

[ホットキューバンクリスト]はどのような時に使用する機能なのでしょうか?

CDJ-2000で使用するホットキューバンクリストを、あらかじめrekordboxで作成することができます。
CDJ-2000で使いたい3つのホットキュー (A/B/C) の組み合わせを、ホットキューバンクリストとして作成できます。このホットキューバンクリストには、異なる音楽ファイルのキューを組み合わせて登録できます。
ホットキューバンクリストを複数用意しておくことによって、これまでになかった数多くのホットキューの組み合わせをCDJ-2000で素早く呼び出し、演奏することができます。

プレイリストにアートワークをつけることができますか?

プレイリスト、ホットキューバンクリストにもアートワークを設定することができます。
設定方法は、作成したプレイリストまたはホットキューバンクリストを右クリックしてから、[アートワークを追加]を選んでクリックしてください。ここで表示させたいアートワークのファイルを選択すれば設定完了となります。
設定したアートワークはDJプレーヤー上で表示され、視覚的にリストの選択ができます。

複数の音楽ファイルの情報を同時に編集することができますか?

複数の音楽ファイルの情報を同時に編集することができます。
編集したい音楽ファイルを[コレクション]ペインで複数選択し、[情報]ペイン上で編集したい項目を入力することで一括編集が可能です。
アルバム名など、音楽ファイルで共通の情報をまとめて編集する際に便利です。

rekordboxにインポートした後、iTunesでその曲の評価を変更した場合、変更後の評価をrekordboxに取り込むことができますか?

曲を選択してコンテクストメニューから「iTunes上の情報の読み込み」を行うと、iTunesで編集した情報をrekordboxに取り込むことができます。

iTunesのプレイリストを編集することはできますか?

rekordboxから直接iTunesのプレイリストを編集することはできませんが、rekordboxで編集したプレイリストをm3u8形式のファイルにエクスポートし、そのプレイリストファイルをiTunesに取り込むことは可能です。

プレーヤー部の[QUANTIZE]は何を設定する機能ですか?

プレーヤー部でトラックを再生してキューやループを設定する時にクオンタイズを行うかどうかを設定できます。
クオンタイズをONにすると、キューポイントやループポイントが自動的に拍位置に合わせて作成されます。

カテゴリーやソート、カラーの設定がプリファレンスと[デバイス]ペインにあるのですが何が違うのですか?

プリファレンスではデフォルトの設定を行います。USBデバイスにエクスポートするとまずプリファレンスの設定が適用されます。また、[デバイス]ペインではデバイス毎にカスタマイズすることが可能です。

カテゴリーやソートの設定で何ができるのですか?

rekordboxでエクスポートしたUSBデバイスをCDJ-2000やCDJ-900などに接続してブラウズする際に表示するカテゴリーやソート項目をあらかじめrekordboxでカスタマイズできます。

USBデバイスを選択すると表示されるデバイス名とは何ですか?Volume Nameとは違うのですか?

デバイス名とはCDJ-2000やCDJ-900などにUSBデバイスを接続した時に表示される名前です。WindowsやMacintoshでUSBデバイスにつけるVolume Nameとは異なります。

DJプレイ回数とは何ですか?

USBデバイスにエクスポートした曲をDJプレーヤーで再生した回数です。DJプレーヤーでの演奏履歴をプレイリストとして取り込んだ時にカウントアップされます。

rekordboxに曲をインポートするためにはハードディスクにどれくらい空き容量が必要ですか?

曲の長さや、設定したアートワークのサイズによって差がありますが、一曲当たり10KB~100KBくらいの空き容量が必要です。

Update Collectionでは何ができるのですか?

USBデバイスにエクスポートしたトラックの情報をDJプレーヤーやモバイル版rekordboxで更新した場合、更新した情報をコレクションに反映させることができます。DJプレーヤーやモバイル版rekordboxで更新できる情報として、キュー、拍位置、評価、コメント、色があります。

rekordbox以外のアプリケーションからプレイリスト、メモリーポイントをインポートすることはできますか?

[ブリッジ]ペインからiTunesのプレイリストをインポートすることができます。また、プレイリストファイル(.m3uや.m3u8)をインポートすることも可能です。
rekordbox xml形式に変換すればプレイリストだけでなくキューや拍情報もインポートすることができます。rekordbox xmlのフォーマットはこちらをご覧ください。

アーティスト名、タイトル、コメントなど文字制限はありますか?

タイトル、アーティスト、コメントなど文字列のフィールドは最大255文字まで入力できます。

アートワークで追加できる画像フォーマットは何ですか?

JPEGファイルとPNGファイルに対応しています。

USBメモリー/SDカード内にあるPIONEER、CONTENTSフォルダは何でしょうか?

rekordboxやDJプレーヤーで使用するデータが入っています。削除しないようにお願いします。

データベースファイルの移動はできますか?

曲やPIONEERフォルダ(解析ファイル、アートワーク)の場所の移動はできますが、データベースファイルの移動はできません。

コレクションやプレイリストや曲の解析データをバックアップすることはできますか?

コレクションやプレイリストの情報やセットしたキュー情報は[ファイル]メニューから[ライブラリ]を選択すると、バックアップや修復を行うことができます。
曲の解析情報はこの方法ではバックアップされません。解析ファイルは環境設定で指定されたPIONEERフォルダ内に作成されますので手動でバックアップしてください。
※WindowsのAppData、MacOSXのLibraryフォルダは隠し属性になっている場合があります。表示させる方法については各OSメーカーにお問い合わせください。

修正した拍位置を元に戻せますか?

拍位置調整モードを抜ける前であればUNDOボタンで10回前まで元に戻すことが可能です。拍位置調整モードを抜けた後は元に戻せませんので、音楽ファイルを右クリックして、[トラックを解析]を選択して音楽ファイルを解析し直してください。

DJプレーヤーの演奏履歴(History)はいくつまで保存できますか?

999個まで保存できます。その後は古いものから順に上書きされます。