DJing

多彩な機能によるクリエイティブな演奏が可能に

さまざまなDJスタイルをrekordboxのライブラリ一つで実現

楽曲をUSBストレージデバイスにエクスポートしてCDJ/XDJで演奏する方法に加えて、DJコントローラーやターンテーブルを使用して楽曲をコントロールすることができます。また、デッキで再生する楽曲のテンポをAbleton Link互換の様々なアプリ/ハードウェアと同期して演奏することもできるので、Ableton LinkをサポートするDJアプリケーション間のB2Bスタイルのパフォーマンスやサンプラーシーケンサーの同期演奏によるライブパフォーマンスが可能になります。

プロフェッショナルDJ機器を踏襲した高音質と高いレスポンス性能

世界中の多くのクラブに設置されているCDJ/DJMのハイエンドモデルと同様のオーディオ処理を施し高音質を実現、高いレスポンス性と安定したコントロール性で思い通りのパフォーマンスを可能にします。

ストリーミング対応

rekordboxのライブラリにある楽曲に加えて、Beatport LINKやBeatsource LINK、SoundCloud Go+といったストリーミング楽曲配信サービスの楽曲再生が可能です。

必要な情報が見やすいGUIデザイン

GUIをシンプル化、情報をグルーピング化して配置することで高い視認性を確保しつつ、DJが必要とする楽曲情報や演奏状態などの多彩な情報を瞬時に把握できます。

高精度な楽曲解析

楽曲の特徴を判断するアルゴリズムを備えた楽曲解析機能は、楽曲のあらゆるリズムパターンを高度に解析した拍位置の検出や、フレーズ解析を行います。

豊富なブラウズ機能

演奏中の楽曲に対して相性が近い楽曲を表示するRELATED TRACKSや、タグ付けした条件で絞り込み検索を行うトラックフィルターなど、DJプレイ中にすばやく目的の楽曲を見つけることができる豊富なブラウズ機能を搭載しています。

  • 3Band: 音をHI、MID、LOに分割して表示することにより、キックやハイハットなどの各周波数帯域の音を個別に見ることができます。

  • ボーカル位置解析: 波形上にボーカルを検出した場所が表示されます。ボーカルの位置を一目で把握し、ミキシングなどのパフォーマンスに活用することができます。

  • HOT CUE: 設定したポイントから瞬時に再生できます。

  • LOOP: ループ再生のポイント [IN]/[OUT] を設定します。

  • BEAT JUMP: 指定拍単位で、前後に再生位置をジャンプすることができます。

  • MY TAG: 楽曲の詳細なジャンルや特長など、お好みの文言をライブラリ上の各楽曲ファイルにタグ付けできます。また、タグ付けした条件で絞り込み検索ができます。

  • RELATED TRACKS: プレーヤーまたはリストで選択中の音楽ファイルに対して、BPM、キー、カラー、評価、MY TAGなどが近い音楽ファイルを表示できます。

    TRACK SUGGESTION : 演奏中の楽曲情報を元に、相性の良い順に楽曲を並び替えて表示します。

  • LIGHTスキン: 白い背景の高コントラストスクリーンにより、昼間の屋外の明るい環境でも良好な視認性を確保できます。

  • SAMPLER: ワンショットやシーケンサーなど演奏しているようなパフォーマンスを実現する16サンプル同時再生が可能です。

  • BEAT FX: 再生している楽曲の店舗に連動してエフェクトを加えることができます。

    RMX EFFECTS: 多くのクリエイターやプロDJから定評のあるREMIX STATIONのSCENE FXに搭載されているエフェクトにより、新たな楽曲の展開を作り出すことができます。

  • 3Band: 音をHI、MID、LOに分割して表示することにより、キックやハイハットなどの各周波数帯域の音を個別に見ることができます。

  • BEAT JUMP: 指定拍単位で、前後に再生位置をジャンプすることができます。

  • MY TAG : 楽曲の詳細なジャンルや特長など、お好みの文言をライブラリ上の各楽曲ファイルにタグ付けできます。また、タグ付けした条件で絞り込み検索ができます。

  • RELATED TRACKS: プレーヤーまたはリストで選択中の音楽ファイルに対して、BPM、キー、カラー、評価、MY TAGなどが近い音楽ファイルを表示できます。

    TRACK SUGGESTION : 演奏中の楽曲情報を元に、相性の良い順に楽曲を並び替えて表示します。

  • PAD FX: BEAT FXの種類とパラメーターの組み合わせを対応DJコントローラーのパッドに割り当てることができます。

  • KEY SHIFT: 楽曲のキーを変更し、デッキにロードされた楽曲同士のキーをシンクさせることにより、違ったキーを持つ楽曲同士でも、違和感なくミキシングできます。